読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉にできないこと

恋人がいる人に好きだと伝えてしまったから、振られる心構えをしていたけれど、彼は何も言わなかった。


マツコ会議で、マツコが婚活女子に、ガツガツした人が結局は勝つの。と言っていた。


私には、「ガツガツ」が備わっていない。あ食べ物にはガツガツしているから、太っているのかもしれない。


彼に言いたかったこと、言いたいこと。実は内心思っていること。


・絶対彼女より私といたほうが楽しい。


・好き


彼に言えたことは


・好き。でも大丈夫かもしれない


本当に彼を思いやっている子だったら、好きな気持ちさえ伝えないか、でも大丈夫!と明るい笑顔で伝えるはずだけど、

私はズルくて、「大丈夫かもしれない」と若干の弱みをみせて、大丈夫と言いながら、かまって欲しさを隠しきらなかった。ズルい。


もっとガツガツ、したい、言いたい。

私だって、フラフラ他のひとのところいっちゃうよ?とか。

可愛い女の子が平気で言えちゃいそうなこと。


見た目が不細工だったりして、自信がない人は、

どうしても、私なんかが好きになって迷惑じゃないか?精神が幼い頃から根付いていて

だから、愛することが許される、むしろ歓迎される、アイドルに、愛せる喜びを爆発させてるのがドルヲタとかなんじゃないかなと思う。


私にとっては、犬がそうだ。


平気で私は犬に


今日も可愛いね

世界一可愛い

愛してる

ハニー

ベイビー


と毎日話しかけている。

気づくと自然にそうやって話しかけている。

かわいそうなことに、犬は日本語が喋れないから、

否応無しに私の言葉を聞き流す。

(聞いてさえいないのかもしれないけれど、犬はそこにいてくれる)


私は見返りを求めて、すぐ犬を抱っこしたり抱きしめたり側に置いておきたくて、お腹の上に無理矢理のせておいたりするから、嫌われている。


それに本当は言ってあげたい。


私を振ってもいいんだよ。大丈夫だよ。


っていってあげたい。


告白のあと、話したいって連絡がきて、会ったけど、何も言わなかった、言えなかったのは、私を振らなくちゃって思っているからだと思う。


優しい彼を悩ませている。ごめんなさい。


ごめんなさいと思っているけど、

最近よく一緒にいるせいで、色んな話をしていたから、

よく彼は私を思い出すみたいだった。

珈琲の色の話をしていたから、

珈琲を淹れているときに私を思い出してくれた。


もっと沢山話をして、いつも私を思い出させる作戦を思いついた。



スネをかじりつづけている

小・中学生の時は、テストで良い点数をとらなくちゃいけないって自然と思わされていた、思ってた。

中学生の時は特に、偏差値のなるだけ高い高校に合格しなくちゃいけないと思っていて、

勉強しないで、偏差値の低い高校へ行く子とか、大学に行く気が、高校受験の時から頭にない子も結構な数いて、

私は、その子たちはどうやってこれからの人生を生きていくんだろう?と思っていた。

私は勝手に母親から、頑張って勉強して高校に行って大学をでて、ちゃんとした仕事を見つけないと後々大変だって言われてきていたから。

あの時は高校受験に失敗したら人生終わりみたいなそんな気持ちが本当にしていて、結構辛い思いをしていた記憶がある。

そうやって、なんとかまぁまぁな高校に通って附属だったからエスカレーターで大学に進学して卒業して、就職をしていたら、

勉強していなかったギャルの子達は、気がついたら子供が1人とか2人とかいて、


私は、今社会人2年目の稼ぎじゃ

子供2人はおろか、1人、いや結婚もできる気がしないのに、(ギリギリ一人暮らしはできそう)


勉強していなかった子達は、平気な顔で子供1人を育てて、2人目が欲しいと、希望に満ちた顔で言ったり育てたりしている。


家でそんなギャルの友達の話をしながら、

「子供2人もいて、どうやって生活してるんだろう」とボソッと私がいったら、

母親が

「どうにかなるもんなんだよ」

と言った。唖然とした。


今更そんなこと言わないで欲しい。


あれだけ私に勉強しなきゃって意識をすりこませてきた人が、

私の結婚できる気配の無さに焦り出して、真実を話し始めたってかんじがした。


中学生の時は、塾に行かせてもらってるんだから、勉強して高校いかなきゃって、高校生の時、一回美容専門学校に行きたいって思った時は、何のために私立の附属高校に通わせてるんだって、それだったら、公立高校でよかったでしょって、

そうやって、全部自分が自立してない親のスネかじりに生きてきたツケをまた親のせいにして、ただこのブログにかいて、私はなにがしたいのかもわからない。


親の私に対する目標が私を結婚させる。に変わったけれど、

これは流石に、難しいよ。自我は消せないよどうしても。だから自立しなくちゃと思い始めた。


だけど、親は私を結婚させるために

モテる路線にもっていかせることにすごく努力している。

全身脱毛の永久保証が30まんかかるからなぁ。って私が渋っていたら、お金出すから行って来なさいと言い出したし、(こんなことを書いてると、金持ちっぽいけど、うちはまるで裕福な家庭ではない。むしろ下より)

大学で借りていた奨学金(という名の借金)は、結婚が決まったら、払ってあげるから、早く結婚を決めなさいとのこと。


またスネをかじってがんばろう。

貰えるもんはもらっとこう。と思ってしまっている。


現実主義な母親とは裏腹に私は、

無職の太宰治みたいな人と付き合っていたりしたし、少し前まで、湘南の飲食店で働く男が本気で好きで地元に帰るのにも本気でついて行こうと思ってたし(振られたけど)、

高学歴の人とは合わなさに耐え切れずわかれてしまったりして、


お見合いは嫌だと純愛に憧れを抱き続けて、いつまでも独身の、飲屋街で飲み歩くサラリーマンのおじさんと同じようになってしまっている。かじりつづけている






フィッシュマンズとシャガール

最近、夢をひとつ決めた。 
フィッシュマンズの「頼りない天使」を 自分の結婚式で聴いたときに 最高に心に沁みるひとと結婚すること。

小さい夢にみえるけど、
すっごく難しいし、できたらめちゃくちゃ幸せな人生なんだろうなと思う。

結婚相手の条件はこれだけだ。

特徴的な声だし、
昔はあまり好きでもなくて
聴いていなかったんだけど、
最近、すごく心に沁みる。

愛で溢れてる。

フィッシュマンズの歌とシャガールの絵ってすごくお似合いだとおもう。
よくわからないんだけど、

あの現実社会とか、理屈とか
なんか物理的な物事では
表現できない、愛を
表現しているというかなんというか。

ジッタリンジンのプレゼントの
「あなたが私にくれたもの
シャガールみたいな青い夜」

ていう歌詞のところがめちゃめちゃ好き。
あんな歌詞をかけるひと、たぶん好きになっちゃうなぁ。

あのシャガールの描く深みのある青のなかに、男女2人が浮かんでいて、周りに動物とかたくさんいるんだけど、どこか2人だけの世界になっていて。フィッシュマンズの歌みたいなんだよなぁ。。。



しあわせで涙が出た日曜日。

大好きな先輩が作ってくだすった

素敵なワンピースを受け取りに

先輩の事務所まで。


本当に素敵な先輩で話しているだけで、ドキドキした。

あんなチャーミングな人になりたい。


そのあとは大桟橋で

大好きな愛に溢れる人のライブを

天使みたいな子と聴きに行ったの。


初めてシーバスに乗って

横浜駅から、山下公園までいったのだけど、曇ってて、どんよりしていて

意外と工業施設みたいな景色ばかりを映してきて、

思ったほどのロマンチックさはなかったけど、

天使といるとなんでも楽しくて幸せだなぁ。


大桟橋について、ライブを観ていたら、

大好きな友達カップルを発見して、

こちらに気を使ってあんまり話しかけて来なかったけど、

天使がトイレに行ってる時に話しかけてくれて、

大好きな友達といつもみたいに

あの音楽を聴けて、綺麗な景色で本当に幸せだった。


帰りは天使と手を繋いで帰って、

ああ本当に人と触れ合うことは素晴らしいなぁ。好きだぁ。と思った。


天使とバイバイしたあと、

1日を振り返ったら、

その1日が好きで溢れた1日で幸せで、

涙が出てきたの。


みんながいてくれて、嬉しい。ありがとう。

母親からのディス

私のお母さんは、まぁまぁ可愛いというか綺麗で自分に自信がある


お父さんは、まぁ別にカッコ良くもないし、ほんわかしていて、


いつもお母さんはお父さんを見下す発言をよくしてる。


私も女だから、

お母さんは自分が優位に立ちたいのかなんなのか、

よく私をディスる


デブ

脚が太い

おばさん

目が小さい


とかそんな感じで。

そして、お父さんと私の似たところを一括りにして、ディスる


お兄ちゃんの事は大好きだから、

自分と一括りにする。


私は、この環境が精神的に良くないんじゃないかと思って

一人暮らしを考えている。


それは無理とか

サングラスはキャラじゃないから

海につけていくのはやめなさいとか

出かける時に言われたりするの、

もう疲れた。


似合ってなくても

無理そうでも

無謀でも

背伸びしていたほうが、

伸びていける気がする。


たまに本当に死にたくなることがよくあって、


カウンセラーのひとが

「悩みすぎて死んだ人っていないのよ」

って、前向きな気持ちで言ってたけど、


いくら悩んでも死ねないのかぁと思ったら余計辛くなってくる。


有給使って島で遊び疲れて帰ってきてこんなブログを書く私は躁鬱気味なのかもしれない。


これがあるから、いつも本当に限界まで遊び尽くしたことってない。

馬鹿だなと思う






とりあえず、

私の仕事は、

毎日単調な事務作業で、たまにハプニングも起きるけれど、

たぶん、なんてことない。私はそれごときでも、よく落ち込んだりして

本当にメンタルが弱いな。と常々思う。


やってきた仕事で差がでる。って社会人6年くらいやってたバリバリ広告業界の前の彼氏が言ってたけど、

1年目だった私にはよくわかってなくて、

2年目でやっと気づきだした。

本当に差がでる。

私、このままじゃ、本当に

今まで仲良かった子たちの会話についていけなくなって、居づらくなったりして、合わなくなって、会わなくなるんじゃないかと思うと

本当に怖くて、とりあえず、資格の勉強を精神を安定させるために始めた。


友達が仕事で海外にいったり、

大きな仕事したり、

メディアに取り上げられたり、

名の知れた人、会社と仕事してたり、

毎日毎日遅くまで仕事頑張ってたりして、

差が広がるばっかりだ。


毎日そんなことばっかり考えて焦って

遊びも心の底から楽しめなくて

思いついた解決策が、


結婚


だ。情けないなぁ。

今の仕事でもまぁ続けて仕事して

家庭でなんか主婦やって、

子供を育てたら、

認めてくれるんだろうか?

自分でも納得いくんだろうか。

満足なんだろうか。


言ってるだけで、簡単なことではないけど。


大好きな松田龍平くんの新しいドラマが

広告業界でバリバリ働く人たちの話で、

龍平くんのかっこいいゆるゆるな顔をみて癒されようと思ってみたのに、

世の中の人はこんなに頑張ってるんだって、

うわ〜〜理系じゃなくても

営業、事務以外にこういう仕事、あったのかぁ〜〜かっこいい、、、、、て思って、


あんな、ゆるゆるな龍平くんが、

締めるとこ締めて仕事して、お客さん相手にあんな堂々とプレゼンしてる姿をみたら、

また心臓にズバズバきてしまった。


とりあえず、一人暮らしでもしてみるか?何か変わるか?


コレ!がみつからないから、とりあえずばかり。



時代はまわるよ

去年のこの金曜日は、

去年の夏に恋した人と初めてデートをした日だ。


彼が夜中のイベントにでる用があったから、

その前にごはんを食べに行ったんだった


その日着ていた服、髪型、

ぜんぶ覚えてる。


彼が東京からいなくなっても、

今年もそのイベントはやるみたい。

彼の友達がでるみたいで知った


私は明日模試だから大人しく直帰。


彼が遠くに行っても

相変わらず、イベントはやっているし、

夏を少しでも感じると

海を少しでも感じると、

この梅雨の湿っぽさを感じると、

私は去年の夏をどうしても思い出しちゃう


あれだけ待ちわびてた夏だけど、

いざ夏本番となると

おセンチにならざるをえなくなったりもする



私は何かと彼に対して未練がましいけど、これは此処とか友達の前だけで、

彼の前では、サラサラしている。(つもり)

でも本当は、泣けない女の優しい気持ちをあなたがたくさん知るのよ〜とおもってる。