読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時代

私の働いてる会社は、
沢山社員がいるっていう意味ではすごく大きな会社で、古い。
仕事も、エクセルはたくさん使うけど、
プログラミングとかは無縁だし、
仕事柄、お客さんと話したり、上司の前でプレゼンしなきゃってこともほぼない。

友達が、仕事のプレッシャーの話とかむずかしい言語の話とかをしていると、
この先私は、置いていかれると思った。

先日友達に誘われたパーティーがあって、顔を出した。
カジュアルなものだったけど、友達の仕事と同じ界隈の先輩が主催していたやつで、
なんだか、エネルギーが溢れている人ばかりで私はすごくオロオロした。

自分は、どうなりたいから、今何をしていて、これからコレがやりたいとかって、ハッキリ言える人たちばかりでかっこよかった。

このあいだまで付き合ってた学歴コンプの彼氏がしていた、レベルの話を思い出した。

w大学の人たちが見ているゴールと、h大学の人たちが見ているゴールは違うとか、
やっぱり、周りにいる人たちのレベルで見据えている先が変わってくるみたいな話だった。

面倒くさいと思った。
私なんか置いていってくれ時代。と思った。

でも、あのパーティーのレベルが高いんだとしたら、そこに居心地悪さを感じた私 。のことを考えると
食い下がってやろうかとかも少し考えた。


パーティーが終わって、
天使みたいな子に会った。
あの子は、学歴コンプの元彼の話なんて、きっと気にもとめないと思う。
そんなところにいる子じゃないのが分かる。
だから好きなんだと思う。
一緒にいたら、幸せで
目が綺麗で見ているだけで幸せな気持ちになったので

パーティーのことは忘れて、寝た。

次の日の夜、
パーティーに誘ってくれた子から、主催者(その子のその界隈の先輩てきなポディション。何かとコネクションを作ってくれそうな)に、先日のパーティーのお礼のメールをしたかどうか聞かれた。

まず、
名刺もなにも渡していないし、
きちんと挨拶も
FBで繋がることもしていなかった。

また時代においていかれてる気持ちにもなったけど、
置いていってほしいよ。

結局、モヤモヤしたのを
友達に話して、笑ってもらってスヤスヤ寝た。