読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時代はまわるよ

去年のこの金曜日は、

去年の夏に恋した人と初めてデートをした日だ。


彼が夜中のイベントにでる用があったから、

その前にごはんを食べに行ったんだった


その日着ていた服、髪型、

ぜんぶ覚えてる。


彼が東京からいなくなっても、

今年もそのイベントはやるみたい。

彼の友達がでるみたいで知った


私は明日模試だから大人しく直帰。


彼が遠くに行っても

相変わらず、イベントはやっているし、

夏を少しでも感じると

海を少しでも感じると、

この梅雨の湿っぽさを感じると、

私は去年の夏をどうしても思い出しちゃう


あれだけ待ちわびてた夏だけど、

いざ夏本番となると

おセンチにならざるをえなくなったりもする



私は何かと彼に対して未練がましいけど、これは此処とか友達の前だけで、

彼の前では、サラサラしている。(つもり)

でも本当は、泣けない女の優しい気持ちをあなたがたくさん知るのよ〜とおもってる。