読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浅い傷

薬の副作用でかなりの湿疹が身体中に。
薬疹というらしい。
今はもうおさまったけれど、最初は原因が分からなくて、何度も何度も"湿疹  身体中に広がる"とか色んなワードでググっては、不安になっての繰り返しだった。
薬疹とわかってからも、もちろん"薬疹"で画像検索するわけだけれども、
でてくる画像がそんなに重症ではないなと思えるほど、自分のものが重症な湿疹だった。
その痕が、かなり残っている。色素沈着だろうか。
一生残るかもしれないと思って、皮膚科で相談したところ、先生曰く、生まれつきのアザとかではなくて、最近出来たものは、割とすぐ治るとのこと。

湿疹が出た時も、一気にブワーッとでたから、「一気にでたものは、引くのもはやいですよ。」と先生に慰められた。

これは恋愛も同じだなぁと、
ちょっと前まで好きだった人の左薬指がうつった写真を見て思った。
短い恋だったから、傷もすぐ癒えたのかなぁ。

私は感知する力があるのに、
周りの意見に流されがちでブレるのが
良くない。

恋人がいる人とのデート、はたまたセックスも当事者同士にしかわからない愛みたいなものがあるし、それをちゃんと感じ取っているのに、
後から、遊ばれてたーーーって自虐ネタにして友達に話したりしてた。
誰かが作った道理なんてないところで、しっかりお互い好きだったし、美しかったのにな。
でも実際に地に足つけて生きている社会で、この美しさは口にできなくて。
インターネットで、その美しさをちゃんと心の中で肯定している人に出会うことができて、いい時代だと思った。

道理も大切だけどね。