読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリッジブルー

やっと気がついたけれど、

私まだまだ結婚したくない。

結婚相談所に入会してそう思った。


母の勧めというより、「入れさせられた」というニュアンスで友達には伝えているし、

たしかに親が全て費用を払うから入ってこいと言うから、入会したけれど、

私が焦っていたのも事実で、頑なに入会を断ることもできた。


入会してからというもの、悲しいことが沢山起こる。

まず、相手を条件で探していくことがつらい。


なんで私より3つほどしか変わらない相手の人の条件を

私の年収の2倍弱の人で探さないといけないのか。

検索の仕方には「年収〜万以上」というのはあっても、以下がない。結婚相談所のベテランのおばさんは平気で、このくらいなら全然うちには沢山います!!とドヤ顔で高給取りの男性が良いもんだという常識で私に勧めてくる。

年収が高すぎる人は、お金を重点において生きていそうだし、シビアに生きていそうで嫌なのに、そんなことを言う隙は与えられない。


20代正社員女性っていうラベルの私と

結婚したい人は結婚相談所には沢山いるみたいで、

あまりにも沢山の候補者が出て来てしまうから、

「やや太り」の人を候補者の検索から外したりしてみた。


喫煙者も候補者の検索からでてこないように設定することになったけれど、私はもう、チョイ悪なヤンチャっぽい男性とは恋愛できないのかと思うと悲しくなった。


街ゆくカップルを見ると、どうして私は自然と流れに身を任せて恋人を作ることすらできなかったのかっていう劣等感でいっぱいになる。(彼らも結婚相談所で出会ったのかもしれないけれど)


さっそく一流企業の年上男性とお見合い話が来てしまって、

まだ会ってもいないけれど、結婚の話が進んだ時のことを考えたら、

わたし、これから転職だって考えていたしもっと恋愛を楽しみたかったという気持ちでマリッジブルーになった。(これがマリッジブルーなのか?!となった)

初めて結婚を少し現実に考えられた瞬間だった。


もっと結婚相談所をポップで前向きに

たまに、普段関わりのないような人を紹介してくれるツールとだけ考えていれば

今迄どおりの生活プラスαなだけ、なのだけれど、

どうしても前向きに事が考えられない性格だ。

就活大っ嫌いなのに、また就活みたいなことをしなければいけない。


直感を一番大切にしてたのになぁ。(それがいけない)


婚活写真を写真やさんで撮るのに、

美容院に行かなくちゃと思って、

予約の電話をする時、なんとなくいつもの担当の人は休みだと思ったけど、HPで確認せずに電話したら、本当に休みで

「仕方ないな」ということで指名なしで予約をした。

前々から、今更担当の人を変えづらいけど、同じ美容院の他の美容師さんにも切ってもらいたいという気持ちがあったからラッキーだったし新鮮で楽しみだ。

やっぱり私は勘が鋭いよ。